【ウイイレ2018】サウサンプトン=マーク・ヒューズ監督の守備的戦術!ゲームプランで再現してみる【myClub攻略】

By | 4月 17, 2019

先日のチェルシー戦では、アーセナル戦よりもさらに惜しい試合展開を繰り広げたヒューズ監督。

かけてるお金の額から言ったら何倍どころの騒ぎじゃないと思うけども。。

戦術って大事なんやなぁと実感できたメガクラブ相手の2連戦でした。

(吉田選手も頑張ってました^^)


表面を真似するだけでは弱かった

ただなんとなく3-5-1-1に選手を並べて、コンセプトアレンジに「カウンターターゲット」と「ウイングバック」を設定しただけでは、たしかに普通の戦術だし、メンバーでも劣っているうちのチームが勝てるはずもなく。。

そこで「めんどくさい、もうやめた~」となって、別の監督を追っかけはじめるのがいつもの僕なんですが、今までのは言わばメガクラブの駒が揃ったチームがやる戦術で、戦術が良いのか選手が良いのかサッパリわからん状態だった。

今回は、中堅クラブでメガクラブ相手に善戦した戦術、もっと掘り下げてみたい欲が出てきて、試合を見直したり、実際に対人戦で色々試してみて、改定版を作ってみたのでご一読いただければと^^;

攻守の分担をハッキリさせる

前回配置したサイドハーフの位置が、下図のような感じでした。

イマイチ守備的でもないし、攻撃時には攻め上がりもないなぁと気が付いて、守備優先だから下げようってことになり、ついでにLCHもOMFにしてウイングみたいにも使えるようにしよう、ということになりました。

結果的に下の図のようなフォメに落ち着いて、めちゃくちゃ集中しなくても守備は安定するし、速攻も両サイドから2枚ずつで攻めることができるし、OMFが真ん中によって良い感じに得点が決まるようになりました。

それでもうまい人はつないで崩してワンタッチで決めてくるけど、そうじゃない人はフラスルとかクロスに気をつけておけば防げるみたいです。

オンチャレでたまに見る「5-2-3」の形を3-6-1でやってる感じ、両OMFが守備に参加するから5-2-3よりも守備は安定するはず。

 

ポジションごとの選手の特徴

大前提として「サイド攻撃主体」になってくると思うので、左サイドには利き足が左の選手、右サイドには右が効き足の選手を配置するとよりうまく機能するみたいです。

ポジション特性選手イメージ
CFストライカーインモービレ
OMFウイングウスマヌ・デンベレ
SMFウイングサディオ・マネ
DMFアンカーマティッチ
CB強いやつリュディガー
GK適当ドンナルンマ

黒球選手は持ってないことが多いので、レアリティ・ゴールドな選手たちで例を挙げてみました。

 

矛盾してるみたいに思えるけど、中盤の攻防があまりないから展開がたぶんすごく速くなってて、守備的どころかこっちも相手もサクサク点が入って楽しい感じ、それでいてなおかつ強いと思います。

「お前のじゃないだろ」って声がどこかから聞こえた気がしましたが、僕のです保証します。

ランキングで無理やり証明、1カ月ぶりぐらいのレート700超え、久しぶりに上位1割に入れました。。涙

とまぁ、それなりに強いとは思うんだけど、調子に乗って上位のレート900超えてる人とかと当たったらディフェンスの枚数関係なくコネコネされて点決められます。

こっちは点取れないかっていうとそうでもなくて、耐えた後の速攻がめっちゃ速く取れる人からは結構点取れます。

要するに、、うちは中堅クラブってことですね(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)