【ウイイレ2018】ウルグアイ代表のフォーメーションと注目選手・グループA【ロシアワールドカップ出場国】

By | 4月 17, 2019

2トップは得点能力の塊みたいなルイス・スアレスと、走って守れて点もとるエディンソン・カバーニ、スアレスはバルサでもメッシに合わせて動けるフォワード、カバーニはどっちかというと我が道を行くタイプ。

守備陣も豪華で、守備を統括するゴディンさんをはじめ、ムスレラや若手のヒメネスも加わって、ケガさえなければ守備も盤石、噂では中盤がちょっと不安らしい。

ただチーム力的には優勝候補の一角と言って良い、他の強豪国に全く引けを取らないメンバー、主にウイイレ目線でだけど^^;


レアリティ・ゴールドな選手たちがずらり、監督もかなりの凄腕らしいっス。

ウルグアイ代表の試合日程

対戦相手キックオフ
エジプト6月15日21時
サウジアラビア6月21日0時
ロシア6月25日23時

 

監督とフォーメーション

監督はオスカル・タバレスさん、現役時代はディフェンスの選手でウルグアイをはじめ南米とメキシコのチームでプレー経験があるようです。

ミランやボカ・ジュニアーズなどで監督を務めた経験ありで、ウルグアイ代表には2回目の就任、1回目はW杯本戦出場を逃してますが、2度目就任後の2011年にはコパ・アメリカで優勝、今回のW杯出場で雪辱を果たす形に。

2試合とも1-0でもキッチリGS突破を決めた4-2-2-2、最強2トップに加えて中盤のベンタンクールや初戦で決勝点をあげたヒメネスといった若手の成長も大きい、日本も負けてられないっスな^^;


注目選手

ルイス・スアレス

所属クラブ:FCバルセロナ

去年、メッシ不在のときの得点力の凄さは記憶に新しいですが、髪型がずーっとあのままなのもすごいなと思います、たぶん性格が真面目なんだと思います。

総合値92
適性AポジCF、ST、RWG
LWG
適性Bポジ
プレースタイルラインブレイカー
身長182
オフェンスセンス95ディフェンスセンス58
ボールコントロール86ボール奪取55
ドリブル84キック力87
グラウンダーパス82スピード78
フライパス77瞬発力86
決定力95ボディコントロール90
プレースキック84フィジカルコンタクト87
カーブ86ジャンプ70
ヘディング77スタミナ85
利き足右足
スキル軸裏ターン
軸足当て
コントロールカーブ
アクロバティックシュート
ヒールトリック
ワンタッチシュート
アウトスピンキック
マリーシア
闘争心

 

ディエゴ・ゴディン

所属クラブ:アトレティコ・マドリー

何気にセンターバックで総合値5本の指に入るゴディン先輩、ときどき起用させていただいてまして、身長186㎝だけどハイボールに強いし、ボール刈りまくってくれる感じです。

総合値88
適性AポジCB
適性Bポジ
プレースタイル
身長186
オフェンスセンス64ディフェンスセンス94
ボールコントロール75ボール奪取90
ドリブル67キック力69
グラウンダーパス79スピード72
フライパス75瞬発力68
決定力62ボディコントロール66
プレースキック65フィジカルコンタクト87
カーブ66ジャンプ85
ヘディング94スタミナ85
利き足右足
スキルヘッダー
マンマーク
キャプテンシー
闘争心

 

エディンソン・カバーニ

所属クラブ:パリ・サンジェルマン

ボールコントロール、ドリブル、グラウンダーパス以外はほぼ完璧なセンターフォワード、ワンタッチゴーラーだけど、今作はドリブルできないの嫌だって人も結構いそう。

総合値87
適性AポジCF、RWG、LWG
適性BポジST、RMF、LMF
プレースタイルラインブレイカー
身長184
オフェンスセンス95ディフェンスセンス73
ボールコントロール68ボール奪取69
ドリブル70キック力88
グラウンダーパス68スピード82
フライパス83瞬発力86
決定力85ボディコントロール73
プレースキック82フィジカルコンタクト79
カーブ88ジャンプ88
ヘディング92スタミナ93
利き足右足
スキルヘッダー
コントロールカーブ
アクロバティックシュート
ワンタッチシュート
ワンタッチパス
マリーシア
チェイシング
アクロバティッククリア
闘争心

 

公式じゃないけど動画お借りしてきました、やっぱりスアレス、カバーニなんすね^^;

前回の「噛みつき」に続く新技にも密かに期待、、ってしつこい?^^;

※キャラ参考:PESDB2018

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)