【ウイイレ2018】クロップ・リヴァプールの戦術をコンセプトアレンジで再現してみる【myClub攻略】

By | 4月 17, 2019

ついにUCL決勝まで駒を進めた「Mr.ゲーゲンプレス」ことユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプール。

選手もプレミア得点王になったサラーをはじめ、ワールドカップで日本と対戦するセネガル代表のサディオ・マネ、周りを活かすタイプのCFフィルミーノなど強力な攻撃陣。

中盤も魔法が使えるワイナルダムや攻守に献身するヘンダーソン、ミルナー、守備陣もファン・ダイクやマティプ、GKのカリウス等々、、、と選手の成長もあるんだろうなーきっと。

ついに完成したクロップ・リヴァプール、レアルの3年連続を阻止して優勝するとしたら、いましかないっていう年なのかもしれない。


クロップ監督の戦術

いつも愛嬌のある笑顔で温和な感じ、だけど試合中や練習中は熱血指導者になるクロップ監督。

強い監督はポジショニングが「流動的」の監督が多いですね、ラインの高さは「8」とかなり高め、フォーメーションは4-3-3ですね。

監督ユルゲン・クロップ
国籍・地域ドイツ
在籍クラブリヴァプール
リーダーシップ92
適応力84
マネージメント能力695
フォーメーション4-3-3
可変フォーメーション
攻撃タイプポゼッション
ビルドアップショートパス
攻撃エリア中央
ポジショニング流動的
サポート距離
守備タイプフォアチェック
追い込みエリア中央
プレッシングアグレッシブ
ディフェンスラインの高さ
コンパクトネス

ディフェンシブ戦術はサポート距離が「3」になって確実にパスをつなぎ、コンパクトネスが「10」になってさらにコンパクトなプレッシングになるイメージ。

フォーメーション4-3-3
可変フォーメーション
攻撃タイプポゼッション
ビルドアップショートパス
攻撃エリア中央
ポジショニング流動的
サポート距離
守備タイプフォアチェック
追い込みエリア中央
プレッシングアグレッシブ
ディフェンスラインの高さ
コンパクトネス10

 

守備コンセプトアレンジ

ディフェンス1には何も考えずに「ゲーゲンプレス」を設定。

僕はよくプレスすると突き抜けて抜き去られることがあるんですが、それをまず絶対にしないようにして、ディレイもしつつ激しくプレスをかける感じ、勉強になりました^^;

相手が上手い人のときは「ウイングバック」とかも追加しておきます。

実際、試合を見てもマネがサイドバックのポジションまで下がってディフェンスをしていることが時々見られます。

  • ディフェンス1:ゲーゲンプレス
  • ディフェンス2:ウイングバック(適宜)

 

攻撃コンセプトアレンジ

リヴァプールの十八番みたいな攻めといえば、マネやサラーがバイタル付近まで下がってボールを受ける動き、これはオフェンス1に「偽ウイング」を設定するとできるようになります。

そのままウイングがボールを受けて、フィルミーノや逆サイドのウイングに決定的なパスを通すか、空いたスペースに両サイドバックが上がってクロスというのが基本の攻めになっています。

  • オフェンス1:偽ウイング
  • オフェンス2:(適宜)


各ポジションの特徴

フォワードの3枚には、機動力と得点力が総合的に求められ、守備も負担しないといけません。

中盤3枚は足元の技術と守備能力、機動力も必要になってくると思います。

サイドバックは上がりが速く、正確なクロスを入れられる選手、あとCBとGKは強いやつでお願いします^^;

 

対人戦で使ってみた感じ

今週のオンチャレは「Winner Takes All」でトレコが5枚ももらえる有難いイベントをしていたので、オンチャレでクロップ戦術を試すことに。

首尾よく勝ちを手にすることができるのか、とマッチングをかけてみたところ、レートが200も上の850くらいの方とマッチングしてしまい、延長戦まではいったけどあえなく撃沈^^;

でもスコアレスからの延長だったので、守備がぜんぜんダメってことではなかった、というかむしろ強い気がしました。

2戦目にこんどはレート600ぐらいの方で、3-1で勝つことができました。

やっぱり高い位置でのボール奪取から得点というのが1つと、あとは低い位置まで引いてペナ手前で奪ってショートカウンターっていう得点パターン。

その後も何試合かやってみたけど、やっぱり強い人には善戦してレート下の人相手にはだいたい勝つ感じ、たまに対策されててボコられたりもするけど、これも極めてみる価値ありな戦術なのかなと思いました。

 

レート700超えたぐらいから急激に相手が強くなる気がするので、そういう相手のときはゲーゲンプレスはもしかしたら必須なのかもしれないですね。

あと、ゲーゲンプレス対策には、パスが通りやすくなる「ティキタカ」が効果的だったりします。

 

UCL決勝は5月27日3時45分キックオフ、超早寝&超早起きで観るのが王道っていう説もあるそうです^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)