【ウイイレ2018】セリエA第22節 ローマ対ミラン【マスターリーグ日記 #041】

By | 4月 17, 2019

超ひさしぶりのML日記、もうCOMスパスタ相手も疲れるというか、「どのチーム相手でもそこそこ強い」っていうのが、なんかどうもアレな感じで進められてないです、すみません。。

さておき、イタリア杯を順当に勝ち進み勢いに乗るAPLOミラン、でも相手はいきなり強化されて首位ローマとの一戦。

お馴染みの「戦術ナインゴラン」な4-3-3の布陣に、ミランはエラス・ヴェローナ戦でうまくハマった(ような気がした)4-2-3-1で対抗。

 

ローマは独走まではいかないけど、ずっと首位のチームなんで、メンバー選びから気合い入れていきます!


スターティングラインナップ

Pos. ミラン
4-2-3-1
ローマ
4-3-3
FW :アンドレ・シウヴァ :シック
:ペロッティ
:エルシャラウィ
MF :チャルハノール
:ロラン
:スソ
:ボナヴェントゥーラ
:ケシエ
:ナインゴラン
:フロレンツィ
:ストロートマン
DF :アントネッリ
:ホニ
:ボヌッチ
:ロマニョーリ
:コラロフ
:カルスドルプ
:デロッシ
:モレノ
GK :ドンナルンマ :スコルプスキ

1トップはカリニッチで、、と思ってたらアンドレ・シウヴァが俺だ俺だと言わんばかりに絶好調、またスタメン起用することに。

あとはアントネッリが好調で疲れもなかったので、ロドリゲスに代えてスタメンに抜擢、ローマはジェコじゃなくシックをトップに起用してきました。

期待の日本人選手、武藤嘉紀も絶好調だから途中出場の可能性ありです!

 

戦術と対策

1トップがシウヴァでカリニッチほど得点が期待できない、サイドからの攻めが重要になるからスソとロランをサイドに置いて「偽ウイング」を設定。

シウヴァは185㎝の身長とヘディング能力に期待で「クロスポジショニング」も入れときました。

ミュラーは後半、トップ下で起用するか1トップで起用するか迷うとこだけど、試合展開を見ながら判断しようかなという感じです。

 

試合内容と結果

四角ボタン2回押しの「囲い込み」って使いどころによったらかなり強力なんやなぁ、エルシャラウィやペロッティがコーナーでボールを持ったときなんかに囲い込みで何回もボール取れました。

ウイイレ2017からだったかCOMのAIに学習機能がついたって話があったけど、コーナーで取られると学習したのか中央からの攻めが多くなり、シックがミドル狙ってくるようになった。

それはまぁ入んなかったから良いんだけど、ハーフタイムにいきなりジェコ投入してきてミドル打たれつつもなんとかスコアレスに抑える。

APLOミランは前半34分にアンドレ・シウヴァが期待に応えてゴール、さらに後半69分に武藤と一緒にミュラー投入して77分にカリニッチも投入、myClubのクセで点取りにいく姿勢、そしたらカリニッチが点とってくれて安堵^^;

 

COMの強さってCOMレベルだけの問題で、選手の能力あんまし関係なくね?っていう素朴な疑問。

もう全勝目指すかやめるしかないなーこの企画、ってなってくるよね、、^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)