【ウイイレ2018】メキシコ代表のフォーメーションと注目選手・グループF【ロシアワールドカップ出場国】

By | 4月 17, 2019

2014のブラジルワールドカップから4年、チチャリートは健在、というか今が全盛期かもしれない。

密かに若手も育っていて、ミゲル・ラユンやヒメネス、ロサーノあたりはスタメンでも十分やれる実力をつけてきてるみたいで、特にラユンとヒメネスは、うちのmyClubでもお世話になり続けています、感謝します。

チームのスター選手ハビエル・エルナンデスは29歳だけど、全盛期よりかは少し落ちた感じの能力値、ワールドカップでめちゃくちゃ活躍して黒昇格とか期待したい。


というか、収録されてる選手少ないですね、、主力選手は主にドイツでプレーしてるからみたい。

メキシコ代表の試合日程

対戦相手キックオフ
サウジアラビア6月15日0時
エジプト6月20日3時
ウルグアイ6月25日23時

 

監督とフォーメーション

監督はコロンビア出身のフアン・カルロス・オソリオさん、元ミッドフィルダーの選手で、名門インテル・ナシオナウに在籍経験があるそうです。

監督としてはコロンビアでデビューして、MLSにいたこともある方、アトレティコ・ナシオナル、サンパウロを経てメキシコ代表監督に就任されたみたいです。

優勝候補ドイツを破った4-2-3-1、トップにワンタッチゴーラーのハビエル・エルナンデス先輩、そして点とったロサーノ、ラユンは守備もできるピンポイントクロッサー、適材適所で2試合でGS突破を確定、すごい。

 

注目選手

ハビエル・エルナンデス

所属クラブ:ウェストハムユナイテッド(イーストロンドン)

今季はアルナウトヴィッチのサブって感じだけど8点取ってて、ドロップするスカウトで100%確定できる組み合わせは「イングランド・北中米南米・決定力」で隠れファンの僕もゲットできました^^

総合値80
適性AポジCF
適性BポジST、LWG
プレースタイルボックスストライカー
身長175
オフェンスセンス82ディフェンスセンス52
ボールコントロール79ボール奪取55
ドリブル76キック力75
グラウンダーパス70スピード80
フライパス66瞬発力84
決定力83ボディコントロール81
プレースキック62フィジカルコンタクト63
カーブ67ジャンプ84
ヘディング83スタミナ76
利き足右足
スキルアクロバティックシュート
ワンタッチシュート
マリーシア
スーパーサブ

 

ラウール・ヒメネス

所属クラブ:ベンフィカ

リアルでは今季あまり活躍できてないみたいだけど、ウイイレ2018的には背が高くてそこそこ速いし何でもできる感じのスパサブとしてうちのmyClubのレベル3スカッドでも活躍中、ライブアプデAだと常駐組ってくらい強いです。

総合値79
適性AポジCF、ST
適性BポジLWG
プレースタイルポストプレイヤー
身長187
オフェンスセンス79ディフェンスセンス57
ボールコントロール78ボール奪取61
ドリブル77キック力80
グラウンダーパス74スピード81
フライパス66瞬発力82
決定力78ボディコントロール78
プレースキック61フィジカルコンタクト80
カーブ62ジャンプ77
ヘディング80スタミナ87
利き足右足
スキルチェイシング
スーパーサブ
闘争心

 

ミゲル・ラユン

所属チーム:セヴィージャ(ANホワイトレッド)

ウイイレ2016ぐらいのときに一世風靡した謎の白玉サイドバックの選手もメキシコ代表にまで上り詰めた、「なんかスピードはえー」で持ってたらいつのまにか銀球選手に昇格してたのは今でも印象に残ってます^^;

総合値79
適性AポジRMF、LMF、RSB
LSB、CB
適性BポジRWG、LWG、CMF
プレースタイル攻撃的サイドバック
身長179
オフェンスセンス68ディフェンスセンス71
ボールコントロール76ボール奪取74
ドリブル73キック力78
グラウンダーパス77スピード80
フライパス81瞬発力81
決定力66ボディコントロール75
プレースキック74フィジカルコンタクト65
カーブ66ジャンプ71
ヘディング64スタミナ80
利き足右足
スキルピンポイントクロス
アウトスピンキック

 

やっぱエースでしょ、ということでエルナンデス動画お借りしました。

うまさもあるけど本能的というかゴールひとつひとつに華がある、本大会でも活躍期待です^^

 

※キャラ参考:PESDB2018

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)