【ウイイレ2019】イヴァン・ペリシッチ|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【FP版も】

By | 4月 23, 2019

総合値が84から89に上がったFPペリシッチ、うちのmyClubに登場^^

今週の注目選手(Featured Player)を3回引いてみた結果は、ゴールドな選手2人とインテルのイヴァン・ペリシッチ。

ウイングからカットインとクロス、そして高い打点のヘディングでイカルディといい感じのコンビ。

イカルディもきたから、どっちが点取るかにも注目していきたい、まずは通常版から^^


イヴァン・ペリシッチの能力値

足元系よし、スピードもあって身長186cm。

#WE2019

そしてスタミナが最高値で87、逆足MAXなのも良い感じ。

ポジションLMF総合値84
プレースタイルウイングストライカー
適性AST、LWG、RWG
LMF,RMF
適性BCF、OMF、CMF
身長186利き足右足
オフェンスセンス83ディフェンスセンス59
ボールコントロール85ボール奪取54
ドリブル85キック力83
グラウンダーパス81スピード86
フライパス78瞬発力83
決定力82ボディコントロール73
プレースキック76フィジカルコンタクト74
カーブ76ジャンプ81
ヘディング79スタミナ87
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキル軸裏ターン
ライジングシュート
ピンポイントクロス
マリーシア
闘争心

スキルは軸裏と新スキルのライジング、ピンポイントクロスがあるのも魅力ですねー。

FPペリシッチの能力値

全体的にちょっとずつ能力値プラスされての、総合値89。

#WE2019

発売から2週目、この時期の総合値89ってかなり大きい気がする。

ポジションLMF総合値89
プレースタイルウイングストライカー
適性AST、RWG、LWG
RMF、LMF
適性BCF、OMF、CMF
身長186利き足右足
オフェンスセンス85ディフェンスセンス60
ボールコントロール87ボール奪取55
ドリブル90キック力84
グラウンダーパス86スピード88
フライパス80瞬発力88
決定力83ボディコントロール74
プレースキック77フィジカルコンタクト75
カーブ78ジャンプ82
ヘディング80スタミナ89
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキル軸裏ターン
ライジングシュート
ワンタッチパス
ピンポイントクロス
低弾道ロブ
マリーシア
チェイシング
闘争心

スキルも3つ追加されて、スーパーペリシッチの完成、これは強いで^^;


スカウトの組み合わせ

手作り感満載のスカウト・シミュレーションで、インテルのイヴァン・ペリシッチの組み合わせを調べてみました。

Scouts

  • 確定スカウト
    • インテルナツィオナーレ
    • LMF
  • 2人まで(銀選手)
    • リーグイタリア
    • LMF
    • 185cm以上

~PESDB2019「I.PERISIC」~

という感じで、ドロップスカウトで二択まで絞ることができるから、PS4版はオークションしなくても頑張れば、、DP4確認できました。

#WE2019

スキル解説

軸裏ターン

キックフェイント(軸足裏)ができる。

ライジングシュート

低い弾道から伸び上がるようなシュートを打てる。

ワンタッチパス

ワンタッチで正確なパスを出せる。

ピンポイントクロス

カーブをかけた正確なクロスを上げることができる。

低弾道ロブ

弾道が低く正確なフライパスを出せる。

マリーシア

ボールキープ時にファウルをもらいやすくなる。

チェイシング

前線からボールホルダーにプレッシャーをかける。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはLMF

サイドならピンポイントクロスがあって、中央ならターゲットマンになる高さもありつつ。

ポジトレでCFとかOMFでも活躍しそう、CMFはちょっとわかんない。。


ウイングストライカー

オフェンス時にサイドいっぱいに張る、LWGかRWGのときだけ有効になるプレースタイルですね。

サイドハーフじゃ有効にならないので注意、逆サイドにボールがあるときはちゃんと切れ込んでくれます。


イヴァン・ペリシッチ選手

個人的な視点を言うと、いつの間にかインテルにいて、イカルディとのコンビプレーを中心にどんどん活躍してる感じのペリシッチ選手。

リーグアンのソショーっていうクラブチームでデビューして、ベルギーを経てブンデスでドルトムントと契約、日本代表の香川真司選手とも同僚だった時期があったんですね、、^^;

インテルに加入したのは、2015年から。

めちゃくちゃ点取る屋じゃないんだけど、プレッシャーがかかってそうな重要な局面でこそ、平然とゴールゲットするイメージの選手。

今年のワールドカップではクロアチア代表の歴史的準優勝にも、常にスタメンでウイングとして貢献。

背が高いウインガー部門、とかあったら、ロナウドに対抗できそうなのはこのペリシッチ選手か同僚のケイタ・バルデとかか。

~Wikipedia「イヴァン・ペリシッチ」~

#WE2019

ペリシッチ検索すると、ウイイレの動画もけっこう出てくるけど、海外の動画の再生数の方が圧倒的に多いみたいッスね。

~Youtube「ペリシッチの検索結果」~

 

今季のインテルは3位と健闘中、首位ユーベに追いつくのは相当難しそうやけども、2位のナポリぐらいなら。。

ピョンテク加入して猛追してるミランも4位にきてて面白い、ミラノダービーとか今季は激アツな試合になりそうッスね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)