【ウイイレ2019】”European Championship Stars”のヘッダー&ワンタッチシュートアタッカー TOP 10!【myClubイベント】

By | 1月 12, 2019

対象選手数 498人ってほぼ 500人、先週まで 450人だったから今回はお休みかなと思ってたけど、確率的には一番いい感じ。

ウイイレ2019では、シュート打ったりクロスからヘッドとか適当じゃなかなか決まらなかったり。

ペナ内のいいとこまで入ってコントロールシュートかワンタッチのゴールが多いです。

スキルにヘッダーとワンタッチシュートがあったら少しは違うだろうということで、”European Championship Stars”のアタッカーの中からピックアップ。


ECSのワンタッチゴーラーTOP10!

スキルとCOMプレースタイルとフォワードのポジション適性がすべてフルマックスのロナウドから、ってじっさい言葉にしてみたらすごいなー。

クリスティアーノ・ロナウド(CF 94)

所属:ユベントス(PMブラックホワイト)
国籍:ポルトガル

レアルのエースからユーベのエースになったロナウド、何もかもが強いからヘッダーとか忘れそうになるけどヘディングも最強クラス、ただ今作決まりにくいっていうのはロナウドもしかりな感じです。。


エディンソン・カバーニ(RWG 89)

所属:パリサンジェルマン
国籍:ウルグアイ

W杯でスアレスのロング鬼クロスに顔面ヘッドで合わせたゴールは、今でも鮮明に思い出せるくらいすごかった、ウイイレ2019でも再現ってうちにはいないから再現されないように気をつけます^^;

#WE2019

※ルカクはワンタッチシュート持ってませんでした。。

ジエゴ・コスタ(CF 87)

所属:アトレティコ・マドリー(KBレッドホワイト)
国籍:スペイン

なんかもう注目選手とか見すぎてジエゴ・コスタでも普通に見える、新生myClubの破壊力のすごさを思い知らされつつ、身長188cmのコスタが注目選手で出てきたらアツい。


マウロ・イカルディ(CF 87)

所属:インテル(ナツィオナーレ)
国籍:アルゼンチン

オフェンスセンスと決定力とヘディングが90オーバー、ワンタッチ特化型な渋めなストライカー、ECSガチャでうちのmyClubにも早くも登場^^


エディン・ジェコ(CF 86)

所属:ローマ
国籍:ボスニアヘルツェゴビナ

実はFPになったら一番ヤバいのがジェコさんなんじゃないかと思ったりもする、ヘディング&決定力が水色とかだったら今作もクロスゲーが可能になると思う気がする!


ラダメル・ファルカオ(CF 84)

所属:モナコ
国籍:コロンビア

能力上がるかも記事で総合値 88と豪語してスミマセンでした、発売前だったんで許してください、、というかたぶんFPになったら 88とか 90とか余裕やと思います、めっちゃ当てたいです。


マリオ・マンジュキッチ(CF 83)

所属:ユベントス(PMブラックホワイト)
国籍:クロアチア

いま8番目の選手、前作で最強金CFに推させていただいたマンジュキッチさんだけど、やっと金の選手、要するに黒率高い、オークション値下がりして今が買い、とかいう謎の兼ね合い。


マリアーノ・ディアス(CF 82)

所属:レアルマドリー(MDホワイト)
国籍:ドミニカ共和国

今季レアルに舞い戻ってしかもロナウドの背番号7を任された男、得点はまだみたいだけどそのうちFPで出てきそうな能力値、金でもゴール特化型で決定力87もあります、強そう。

#WE2019

アレク・ミリク(CF 81)

所属:ナポリ
国籍:ポーランド

ナポリとポーランド代表を支える献身的なエースのミリクさん、決定力とヘディングが85で24歳、あと思ってたより若かった、今後にも期待!


ルーク・デ ヨング(CF 80)

所属:PSV
国籍:オランダ

スピードないからって甘く見てたらバンバンヘディング押し込まれるとか割とよくあって、レート高い人が使ってるとそれだけでちょっと身構えてしまう感じですね。。

 

というわけで、クロスが弱くなったと巷でウワサのウイイレ2019で、あえてワンタッチシュートと強ヘッダーの選手をチェックしてみました。