【ウイイレ2019】”LEGENDS:Italian Clubs + PES Selection”でサイドバックの司令塔 10選手!【myClubイベント】

By | 11月 4, 2018

サイドバックだけどパスも上手い選手だとなんか安心する、ふとそんな気持ちになる時はないだろうか。

そんな昨今、いまやキーパーからのビルドアップとかも言われるような時代。

ゴロパス80はねぇとサイドバックなんてできねぇですぜ旦那、そんな声もチラホラ聞こえてき始めそうな秋の夜長。。

誰キャラやねん、っていうツッコミが頭の中で駆け巡る中、、心して参るぞ(誰?)


サイドバックの司令塔とは?

元々はゴールから遠い分、オフェンス時にマークが薄くなりやすいポジション。

自由にプレーしやすいけど、得点につながるような効果的な仕事っていうのはしづらい。

サイドバックに司令塔的な選手がいると、フリーな状態から効果的なパスを出せる。

前線に攻め上がる走力もある選手なら、ラストパスやシュートも狙えて戦術の幅が一気に広くなる。

#WE2019

でもサッカーだけじゃなく、バスケとかアメフトとかもそうだけど、前の方でボールを奪うと点につながりやすい。

だから最近は、サッカーでもサイドバックやディフェンスの選手に対して、積極的にプレスをかけに行くチームも少なくない。

そこで奪われないために、守備に加えてさらに俊敏性とか足元の技術も高いものが要求されるようになってきてる。

あるいは元々司令塔的な中盤の選手がコンバートしてきてる、ってことですな、、(厳しいご時勢^^;)

 

LICPサイドバックの司令塔10選!

マルセロ(LSB/88)

所属:レアルマドリー(MDホワイト)
国籍:ブラジル

なんでサイドバックなんってくらいドリブルもパスも能力値高い、薄っすらCMFとDMFの適性もあって、僕はCMFでもたまに使わせていただいてます。


アレックス・サンドロ(LSB/86)

所属:ユベントス(PMブラックホワイト)
国籍:ブラジル

タテに真っ直ぐに伸びたポジション適性、中盤もできるウイングバック的な選手で、司令塔とはちょっとイメージ違う感じな気もするけどパス精度高いッス。


ダニ・アウヴェス(RSB/83)

所属:パリサンジェルマン
国籍:ブラジル

カットインは快速ドリブラーな若かりし頃そのままに、ピンポイントクロスもちなアウヴェスさん、前作より守備も強くなっていい感じの現代版サイドバックに。

#WE2019

アレッサンドロ・フロレンツィ(RSB/82)

所属:ローマ
国籍:イタリア

プレースタイルがもう既にボックストゥボックス、元々中盤の選手とかまさしく現代版SBっていう感じ、うちのmyClubにも登場してくれたフロレンツィさん。

※注目選手になったフロレンツィの記事はこちら


マリアーノ(RSB/81)

所属:ガラタサライ
国籍:ブラジル

新プレースタイルのインナーラップサイドバック、ウイングの内側を上がってきてラストパスとかシュートも狙ったりとか、、たぶんそんな感じと予想^^;


ルーカス・リマ(LSB/80)

所属:ナント
国籍:ブラジル

LSBからRWGまで薄っすら伸びるポジション適性、元はウイングの選手なんですね、フロレンツィよりはサンドロ選手寄りか。


ラファエル・ゲレイロ(LSB/80)

所属:未所属
国籍:ポルトガル

パスセンスに加えてパス系スキル、ポジション適性とスピード、チームにいると重宝するタイプの選手で、僕はCMFで使わせてもらうこと多いです。


アドリアーノ(LSB/79)

所属:ベシクタシュ
国籍:ブラジル

毎週のイベントシリーズで初のレアシルバー選手は燻し銀のLSB、記念に抽選で10名さまに~とか言えるようなブログに、、なったらいいなぁ、、^^;

#WE2019

アンドレ・アウメイダ(RSB/78)

所属:ベンフィカ
国籍:ポルトガル

守備的オールラウンダーで毎シリーズうちのmyClubにいる気がする、レアシルバー最強系な守備的ユーティリティ選手ですね。


ロレンツォ・デ シルヴェストリ(LSB/78)

所属:トリノ
国籍:イタリア

パス精度80はないけどインナーラップサイドバックつながりで選出、パス精度だけじゃなくポジショニングとかも重要になってくるんでしょうなーと。


 

・・・という感じで、やっぱりサイドバック大事よなーと改めて思う結論。

そもそもレジェンドガチャでこの話すんのどーなんやとは思うけど、まだ一個もきてないから明日こそは、、^^;