【ウイイレ2019】アレハンドロ・ゴメス|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【FP版も】

By | 4月 23, 2019

別名・金のメッシこと、アタランタとアルゼンチン代表のゲームメイカー、アレハンドロ・ゴメスさん。

スピードもだけど、ドリブルやパスの能力値もけっこう高くて、決定力だけ77と若干少なめ。

そして今週はリーグの試合お休みウィークということで、ほぼ全選手ライブアプデがC状態に。

アタランタが今季まだ調子上がってきてないからなかなか使えてなかったけど、スカッドに入れてみるとやっぱり強かった。


アレハンドロ・ゴメスの能力値

ボルコンとドリブルが88、さらに身長165cmでドリブルタッチが細かい事この上なし。

#WE2019

プレースキックも含めてキック精度が高い、瞬発力92はなんとなくイメージあったけど。

ポジションST総合値84
プレースタイルチャンスメイカー
適性ACF、ST、RWG
LWG、OMF、RMF
LMF
適性B
身長165利き足右足
オフェンスセンス78ディフェンスセンス40
ボールコントロール88ボール奪取40
ドリブル88キック力83
グラウンダーパス83スピード82
フライパス85瞬発力92
決定力77ボディコントロール86
プレースキック83フィジカルコンタクト60
カーブ86ジャンプ63
ヘディング60スタミナ77
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルコントロールカーブ
無回転シュート
ヒールトリック
ワンタッチシュート
ピンポイントクロス
低弾道ロブ
PKキッカー
マリーシア
キャプテンシー
闘争心

そして何よりスキルフルマックス仕様、MAXレベル47でメッシまではいかないけどディバラ君っぽくなります。

FPゴメスの能力値

うちのアプリmyClubで登場したFPゴメス先輩、レベル30時点総合値が88で+4されてます。

#WE2019

ドリブルがかなり増えてて、身長165cmと相俟ってスーパードリブラーに変貌。

ポジションST総合値88
プレースタイルチャンスメイカー
適性ACF、ST
LWG、RWG
OMF、LMF、RMF
適性B
身長165利き足右足
オフェンスセンス83ディフェンスセンス41
ボールコントロール90ボール奪取41
ドリブル93キック力85
グラウンダーパス85スピード84
フライパス87瞬発力94
決定力82ボディコントロール88
プレースキック84フィジカルコンタクト62
カーブ87ジャンプ64
ヘディング61スタミナ79
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルコントロールカーブ
無回転シュート
ヒールトリック
ワンタッチシュート
ピンポイントクロス
低弾道ロブ
PKキッカー
マリーシア
キャプテンシー
闘争心

アプリでドリブルって、ムズいけど使いこなすとかなり強い、これは練習するしかないでー^^;


スカウトの組合せ

ドロップスカウトでも☆4で2人まで絞れる、同じ組合せでさっきも名前があがったディバラがいます。

Scouts

  • 確定①
    • アタランタ
    • ST
  • ☆4で2人まで(銅球選手)
    • リーグイタリア
    • 北中米南米
    • ST

~PESDB2019「A.GOMEZ」~

☆4でもうひとりがレアブロンズの選手なら、ドロップでも獲得できそうですね、DP4確認済みです。

#WE2019

スキル解説

コントロールカーブ

ミドルレンジからカーブをかけた正確なシュートを打てる。

無回転シュート

無回転シュートを打つことができる。

ヒールトリック

難しい体勢でもヒールで正確なパス、シュートができる。

ワンタッチシュート

ワンタッチで正確なシュートを打てる。

ピンポイントクロス

カーブをかけた正確なクロスを上げることができる。

低弾道ロブ

弾道が低く正確なフライパスを出せる。

PKキッカー

PK時にシュート精度が高くなる。

マリーシア

ボールキープ時にファウルをもらいやすくなる。

キャプテンシー

キャプテンとしてピッチにいることでチーム全体が疲労の影響を受けにくくなる。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはST

前線ならどこでもできる、ってロナウド思い出したけど、プラスOMF適性Aがある。

これだけ適性あるから何の文句も問題もない、適性Bのポジションがないからポジショントレーナーは使えずですね。


チャンスメイカー

裏に抜けるよりも、下がってボールを受ける方を優先するプレースタイル。

サイドで起用してると下がってきがち、ポジション適性も多いし、ムービング忘れとかには注意。


アレハンドロ・ゴメス選手

アルゼンチンのアルセナルユース出身、トップチームデビューは2005年。

おー、今年でもう30歳なんかー、ってなぜかテンション上がる自分。

おなじくアルゼンチンのサン・ロレンソを経て、2010年にイタリアで当時セリエAだったカターニアへ。

そこからウクライナのチームを経て、今いるアタランタには2014年に移籍。

アタランタじゃ3試合に1点ぐらいのペースでゴールを記録、スコアラーというよりはゲームメイクの中心選手。

・・・だったと思うんやけど、今季トップで起用されることが多くて、なかなか結果が出てない。

降格圏にも入りそうなところからの大差勝ち、ここから勢いに乗れるか。

~Wikipedia「アレハンドロ・ゴメス」~

#WE2019

細かいタッチのドリブルで切れ込んでいく感じ、パスも見事です。

~Youtube「Alejandro Gomez で検索」~

 

勝てば賞賛されるけど、負けたら責任を負わされるエースナンバー10番の大変さ、難しさ。

アプデで総合値下がらないか心配しつつ、ビッグクラブ移籍とかもちょっと期待してます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)