【ウイイレ2019】ドリース・メルテンス|能力値/ポジション/プレースタイル/スキル/スカウト【FP版も】

By | 3月 24, 2019

今週のナポリの注目選手で、早くもFPメルテンスPARTⅡが登場!

うちのmyClubには、先週のFPメルテンスPARTⅠがいて、そのPARTⅠのFPメルテンスを紹介、って冒頭からややこしい。

総合値はPARTⅠとPARTⅡで同じでってまたややこしい、総合値は86から91+5ポイントアップ。

ベルギー代表のエース的存在で、もう日本でもそこそこ有名なハズと思ってます、少なくともウイイレじゃ超有名人^^;


ドリース・メルテンスの能力値

まずは通常版から、身長169cmでスピードあってバランス良く80以上な能力値。

#WE2019

背が低いとドリブル2割増し、ぐらいな印象になりますよねー。

ポジションCF総合値86
プレースタイルウイングストライカー
適性ACF、ST
LWG、RWG
OMF、LMF、RMF
適性BCMF
身長169利き足右足
オフェンスセンス87ディフェンスセンス51
ボールコントロール88ボール奪取47
ドリブル87キック力82
グラウンダーパス84スピード86
フライパス78瞬発力90
決定力86ボディコントロール87
プレースキック83フィジカルコンタクト63
カーブ86ジャンプ65
ヘディング61スタミナ79
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルダブルタッチ
足裏コントロール
コントロールカーブ
ワンタッチシュート
ワンタッチパス
ノールックパス
低弾道ロブ
マリーシア
スーパーサブ
闘争心

スキルフルマックス、CFやけどパス系スキルが多いのも特徴的で、スパサブももちろん兼備。

FPメルテンスの能力値

11月初旬ごろ、うちのmyClubに登場したFPメルテンスPARTⅡ。

#WE2019

ボディコントロールと決定力が+5とカーブが+4で大幅アップ。

ポジションCF総合値91
プレースタイルウイングストライカー
適性ACF、ST、RWG
LWG、OMF、RMF
LMF
適性BCMF
身長169利き足右足
オフェンスセンス89ディフェンスセンス52
ボールコントロール90ボール奪取48
ドリブル89キック力84
グラウンダーパス85スピード88
フライパス79瞬発力92
決定力91ボディコントロール89
プレースキック84フィジカルコンタクト65
カーブ90ジャンプ67
ヘディング63スタミナ80
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルダブルタッチ
足裏コントロール
コントロールカーブ
ワンタッチシュート
ワンタッチパス
ノールックパス
低弾道ロブ
マリーシア
スーパーサブ
闘争心

元々スパサブ最強系なのに、決定力強くなるとか鬼すぎる^^;

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはCF

前のポジション全部のせで、ロナウドやゴメス先輩と同じ感じのユーティリティ仕様。

ポジショントレーナーでCMFも適性Aに、全員攻撃モードなときにCMFメルテンスとかも強いやろなーと。


ウイングストライカー

RWGかLWGで起用したときだけ有効になる、ウイングストライカー。

サイドの外からナナメにカットイン、CFよりもこっちで使う人の方が多いと思うけど、どこでもスパサブできるのも有難すぎる。

#WE2019

スキル解説

ダブルタッチ

すばやいダブルタッチができる。

足裏コントロール

トラップやターン時に足裏を使うことが多くなる。

コントロールカーブ

ミドルレンジからカーブをかけた正確なシュートを打てる。

ワンタッチシュート

ワンタッチで正確なシュートを打てる。

ワンタッチパス

ワンタッチで正確なパスを出せる。

ノールックパス

視線で相手を惑わせて意表をつくパスができる。

低弾道ロブ

弾道が低く正確なフライパスを出せる。

マリーシア

ボールキープ時にファウルをもらいやすくなる。

スーパーサブ

試合の後半で選手起用されると能力が上がる。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

スカウトの組合せ

なぜか気になってしかたない”足裏コントロール”でも確定できる、通常版メルテンスさん。

  • 確定①
    • ナポリ
    • ノールックパス
  • 確定②
    • ナポリ
    • 足裏コントロール
  • 3人まで(インシーニェ、アラン)
    • ナポリ
    • スーパーサブ

~PESDB2019「D.MERTENS」~

ナポリとスーパーサブでインシーニェと二択だったのが、アランが追加になりました(DP4)。


ドリース・メルテンス選手

ベルギーのヘントで2004年にプロデビュー、たぶん18歳のとき。

オランダ2部のアペルドールンへ2006年に移籍、徐々に得点能力も発揮し始める。

2009年にはエールディビジのユトレヒト、そして2011年にPSVへ移籍。

今いるナポリには2013年からで、カバーニ選手も一緒に移籍してきてウイング起用だったみたい。

カバーニ去ったあとも、イグアインとかミリクっていう強力なCFがいて、普通にウイングなメルテンス選手。

でも2016-17シーズンにミリク選手ケガして、監督がいわゆる”偽9番”でCF起用してみたところ、見事にチームがかみ合って連勝街道。

先日のワールドカップの活躍も、、ってそこはまだちょっとトラウマ感^^;

~Wikipedia「ドリース・メルテンス」~

#WE2019

ドリブルもトラップも精度高い、アザール選手やルカク選手らとともにベルギー黄金世代。

~Youtube「Dries Mertens で検索」~

 

色んな雑誌で読んだのと、Wikipediaにも載ってるけど、親日家なメルテンス選手。

31歳でベテランの域に達しつつある、ナポリもリーグ2位と健闘中で、今季の活躍は特に要注目!やと思います^^