【ウイイレ2019】ロメル・ルカク|能力値/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【最強系CF!】

By | 4月 20, 2019

マンチェスター・ユナイテッドとベルギー代表、そして我らがマンレッドとうちのmyClubの主砲ルカク。

高さもパワーもオフェンス能力値も最強クラスで、しかもスピードまである。

ストライカーにこれ以上何を求めるというのか、強いて言えばドリブルとかか、でも逆にドリブルあるとルカクらしさが霞んでしまうか。

そして語り継がれるであろう日本代表とのW杯での試合、今年の締めくくりにピッタリな選手なんやないかということで^^


ロメル・ルカクの能力値

色んな時代が混ざってるみたいなマンチェスターユナイテッドの偽ユニフォームでお送りします、失礼致します、、^^;

#WE2019

センターフォワードとして完成された感じのルカクの能力値、バロンドールも余裕で狙えそう。

ポジションCF総合値87
プレースタイルボックスストライカー
適性ACF、ST
適性BLWG、RWG
OMF
身長190利き足左足
オフェンスセンス89ディフェンスセンス50
ボールコントロール75ボール奪取50
ドリブル82キック力88
グラウンダーパス76スピード91
フライパス77瞬発力85
決定力87ボディコントロール72
プレースキック72フィジカルコンタクト94
カーブ75ジャンプ82
ヘディング87スタミナ85
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルヘッダー
コントロールカーブ
無回転シュート
ワンタッチシュート
PKキッカー
闘争心

DP4対応、スキルもシュート特化型、プラス闘争心でどこまでも走ります。


スカウトの組合せ

スカウトもまぁまぁ合ってそうな気がするけど、まだ更新できてません、スミマセン^^;

Scouts

  • 確定①
    • マンチェスターU(マンレッド)
    • ボックスストライカー
  • 確定②
    • マンチェスターU(マンレッド)
    • CF
    • 闘争心などスキル

~PESDB2019「R.LUKAKU」~

DP4で決定力の組み合わせがなくなって以上のような感じ、他にもありそうやけども^^;

#WE2019

スキル解説

ヘッダー

ヘディングで正確なシュートを打てる。

コントロールカーブ

ミドルレンジからカーブをかけた正確なシュートを打てる。

無回転シュート

無回転シュートを打つことができる。

ワンタッチシュート

ワンタッチで正確なシュートを打てる。

PKキッカー

PK時にシュート精度が高くなる。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはCF

CFとSTが適性Aで、ポスト役とかミドルシュート狙いのときとかはSTでもいいかも。

ポジショントレーナーでウイングとか、、スピードあるからどこでも活躍しそうやけども。


ボックスストライカー

プレースタイルまで「THE STRIKER」な感じのボックスストライカーで、ディフェンスラインよりちょっと手前に位置取り。

足速いし闘争心もあるから、ムービング使って裏抜けもできて、上手い人に使われたくないフォワードナンバーいくつとかなのは間違いない^^;


ロメル・ルカク選手

5歳からユースでサッカーやってたルカク選手、たぶんデビュー16歳とかですね^^;

2009年にアンデルレヒトでデビュー、73試合33ゴールって既にトップストライカー並みの成績。

満を持さずしてか持してかわかんないけど、2011年にプレミアリーグ挑戦。

チェルシーへ移籍して、そこからレンタルでプレミア修行の旅に出る。

2014年からエヴァートンへ、この辺りからウイイレ界隈でも人気というか、ハンパなく強いレアゴールドみたいな選手。

マンレッドに移籍した2017年ごろからレアブラックな選手に昇格、ってウイイレの話になっとるけども^^;

~Wikipedia「ロメル・ルカク」~

#WE2019

まぁ、、これだけ大きくて速くてシュートもうまかったら、パスする方も気を使うって気にならないんかもしれない。

~Youtube「Romelu Lukaku で検索」~

 

そんなわけで、今年もっとも印象に残ったW杯決勝トーナメント進出からのベルギー代表との衝撃的な試合から、ルカク選手をピックアップしてみました。

普段どんな人なんやろね、、”気は優しくて力持ち”みたいなイメージ勝手に持ってるけども、、^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)