【ウイイレ2019】アレクサンドル・ゴロヴィン|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【FP版も】

By | 6月 2, 2019

元CSKAモスクワの中心選手、からの今はリーグアンのモナコで主力の一人として活躍中。

ロシア代表としても22歳にして既に中心選手の一人、ロシア出身のアレクサンドル・ゴロヴィン選手。

能力値的には足元系は素晴らしく、スピード瞬発力も高くて今作で最強系CMFの一人なんじゃないかと思ってます。

うちのmyClubにも登場していて、ライブアプデいいときはだいたいスカッドにいてくれてます、頼もしいです^^


A.ゴロヴィンの基本情報

所属リーグ リーグアン(フランスリーグ)
所属クラブ モナコ
地域大陸 ヨーロッパ
国籍 ロシア
背番号 17
年齢 22歳
身長 180cm
体重 69kg

 

A.ゴロヴィンの能力値

ドリブルとスピードが一番高くて85、スピード高いCMFって珍しいです。

#WE2019

つまりウイイレ的にはかなり強いCMFてことですな、、MAXレベルは60って高い。

ポジションCMF総合値82
プレースタイルボックストゥボックス
適性ALWG、OMF、CMF
適性BCF、ST
LMF、RMF、DMF
身長180利き足右足
オフェンスセンス75ディフェンスセンス71
ボールコントロール82ボール奪取73
ドリブル85キック力81
グラウンダーパス82スピード85
フライパス75瞬発力83
決定力73ボディコントロール82
プレースキック79フィジカルコンタクト69
カーブ81ジャンプ66
ヘディング68スタミナ82
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルダブルタッチ
軸裏ターン
コントロールカーブ
ワンタッチシュート
ワンタッチパス
バックスピンロブ
PKキッカー
マリーシア
闘争心

スキルもたくさん、ワールドカップで注目集めた成果というかなんというか、リアルでの活躍次第じゃレアブラック化も近いのかもしれない。

FPゴロヴィンの能力値

4月のモナコFPイベントで登場したFPゴロヴィン、うちのmyClubには、、2回引いてあと1回引けるけどどうだろう、、^^;

#WE2019

ボルコン、ドリブル、グラウンダーパスとスピードがやっぱり高くて87。

ポジションCMF総合値87
プレースタイルボックストゥボックス
適性ALWG、OMF、CMF
適性BCF、ST
LMF、RMF、DMF
身長180利き足右足
オフェンスセンス77ディフェンスセンス73
ボールコントロール87ボール奪取74
ドリブル87キック力85
グラウンダーパス87スピード87
フライパス77瞬発力85
決定力74ボディコントロール84
プレースキック80フィジカルコンタクト71
カーブ82ジャンプ67
ヘディング69スタミナ84
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルダブルタッチ
軸裏ターン
コントロールカーブ
ワンタッチシュート
ワンタッチパス
バックスピンロブ
PKキッカー
マリーシア
闘争心

FPモドリッチより総合値的には低いけど、それに近いくらい活躍できるんじゃないだろーかと思ったりしなくもない感じ、強そう^^


スカウトの組合せ

モナコとCMF、あとドリブルかスピードで確定のゴロヴィンスカウト。

Scouts(DP5)

  • 確定スカウト
    • モナコ
    • CMF
    • ドリブル or スピード

~PESDB2019「A.GOLOVIN」~

CMFでスピードって珍しいッスよねー。

#WE2019

スキル解説

ダブルタッチ

すばやいダブルタッチができる。

軸裏ターン

キックフェイント(軸足裏)ができる。

コントロールカーブ

ミドルレンジからカーブをかけた正確なシュートを打てる。

ワンタッチシュート

ワンタッチで正確なシュートを打てる。

ワンタッチパス

ワンタッチで正確なパスを出せる。

バックスピンロブ

バックスピンをかけた正確なフライパス、フライスルーができる。

PKキッカー

PK時にシュート精度が高くなる。

マリーシア

ボールキープ時にファウルをもらいやすくなる。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはCMF

OMFはわかるけどLWGも適性A、ただ能力値見たら活躍しそうな感じします。

ポジトレでサイドハーフでもどこでもいいんで中盤がいいですなー、やっぱり。


ボックストゥボックス

ピッチの中を縦横無尽、ゲームプランで配置した場所によって大きく動きが変わるプレースタイル。

プレー範囲は広くなるんでスタミナがやや心配か、スピードあるからカバーできる範囲はかなり広そうだ。


アレクサンドル・ゴロビン選手

子供のころはフットサルで鍛えたゴロヴィン、ユースはCSKAモスクワ一筋で2015年にトップ昇格。

ロシアU-17代表として欧州選手権優勝、CSKAでは2015-16シーズンのリーグ優勝に大きく貢献。

そしてなんといっても2018年ワールドカップでの大活躍、”ロシアの新皇帝誕生!”とまで言われてました^^

W杯よりも前から多くのビッグクラブから注目されてて、最終的にリーグアンのモナコへ移籍が決まる。

モナコの首脳陣曰く、まだビッグクラブには早すぎるとのことで、たしかにリーグアンでの成績も前評判ほどじゃない感じ。

それでも主力選手として活躍していて、いま22歳でどこまで伸びるのか楽しみな感じの選手ですねー^^

~Wikipedia「アレクサンドル・ゴロビン」~

#WE2019

きれいなドリブル、相手に奪われない感じ、雰囲気がなんかモドリッチ選手に似てますねー、今はたぶんつなぎ役に徹してるから数字には残ってないけど、いい選手になりそうだ。

~Youtube「Aleksandr Golovin で検索」~

 

ユースやトップ昇格後も移籍を繰り返す選手もいれば、ゴロヴィン選手みたいにそのチーム一筋な選手もいる。

いやモナコに移籍はしたけどもね、どっちが正解とかもないと思うし、次はさらに大きなクラブでの活躍が見たいっていう今日の感想でした^^