【ウイイレ2019】フェルナンジーニョ|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【愛弟子!】

By | 6月 2, 2019

王者マンチェスターシティで連覇なるのかどうなのか、って37節終わった時点で書いてます^^;

シティでもブラジル代表でも、中盤のバランサーをつとめるフェルナンジーニョ選手。

直接得点や失点に絡むことが少ない、目立ちにくいポジションではあるけども、いるといないで大違い。

ここ数年でそれくらい影響力ある選手に成長、これをアップする頃には2連覇達成してるんやろなーきっと。。


フェルナンジーニョの基本情報

所属リーグ プレミア(イングランドリーグ)
所属クラブ マンチェスターC(マンブルー)
地域大陸 北中米南米
国籍 ブラジル
背番号 25
年齢 33歳
身長 179cm
体重 67kg

 

フェルナンジーニョの能力値

スピードこそ75って平凡な数値なものの、それ以外ぜんぶ持ってる男フェルナンジーニョ。

#WE2019

MAXレベルは45、雷黒球一歩及ばずな総合値88まで。

ポジションCMF総合値85
プレースタイルハードプレス
適性ACMF、DMF
適性BOMF
LSB、RSB、CB
身長179利き足右足
オフェンスセンス75ディフェンスセンス86
ボールコントロール83ボール奪取84
ドリブル78キック力84
グラウンダーパス85スピード75
フライパス81瞬発力78
決定力71ボディコントロール82
プレースキック72フィジカルコンタクト79
カーブ72ジャンプ80
ヘディング66スタミナ86
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルドロップシュート
ライジングシュート
ワンタッチパス
バックスピンロブ
インターセプト
闘争心

スキルに新スキルのシュート系2つなのも特徴的、さらにパス系とインターセプト、闘争心あり。

FPフェルナンジーニョの能力値

総合値87にアップしたFPフェルナンジーニョ、1月のPOWイベントFPで登場してました。

#WE2019

ディフェンスセンスとかボール奪取が高くて、トータルでみるとカンテとどっちが強いか。

ポジションCMF総合値90
プレースタイルハードプレス
適性ACMF
適性B
身長179利き足右足
オフェンスセンス79ディフェンスセンス94
ボールコントロール88ボール奪取90
ドリブル82キック力88
グラウンダーパス89スピード79
フライパス85瞬発力82
決定力74ボディコントロール86
プレースキック75フィジカルコンタクト85
カーブ75ジャンプ83
ヘディング69スタミナ90
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキルドロップシュート
ライジングシュート
ワンタッチパス
バックスピンロブ
低弾道ロブ
マンマーク
インターセプト
キャプテンシー
闘争心

スキル増えてて低弾道ロブとキャプテンシーが追加に、あと一個あいてるからスキルトレでフルマックスに。


スカウトの組合せ

2枚確定ちゃんとありました、いそうでいなかったハードプレス。

Scouts(DP5)

  • 確定①
    • マンチェスターC(マンブルー)
    • ハードプレス
  • 確定②
    • マンチェスターC(マンブルー)
    • CMF
    • ディフェンスセンス or ボール奪取 or スタミナ

~PESDB2019「FERNANDINHO」~

CMFとも守備系能力で確定、やっぱキホン守備つよキャラなんスな。

#WE2019

スキル解説

ドロップシュート

キーパー手前でバウンドするような縦回転のシュートを打てる。

ライジングシュート

低い弾道から伸び上がるようなシュートを打てる。

ワンタッチパス

ワンタッチで正確なパスを出せる。

バックスピンロブ

バックスピンをかけた正確なフライパス、フライスルーができる。

低弾道ロブ

弾道が低く正確なフライパスを出せる。

マンマーク

マーク相手から外されにくくなる。

インターセプト

インターセプトしやすくなる。

キャプテンシー

キャプテンとしてピッチにいることでチーム全体が疲労の影響を受けにくくなる。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはCMF

適性AはCMFとDMF、CMFできるから実質中盤は全部できるってことですね。

適性BはOMFとRSB、LSB、CBでポジトレ使うとディフェンスもぜんぶできる上に、どこでも活躍しそう。


ハードプレス

CMF、DMF、CBで有効になる、ボールを持った選手に積極的にプレッシャーをかけにいくプレースタイル。

守備力もスタミナもあるフェルナンジーニョなんでバッチリ、オフェンス時は味方選手に合わせた感じでポジショニングしてくれると思います。


フェルナンジーニョ選手

本名はフェルナンド・ルイス・ローザで、小さなフェルナンドって意味のフェルナンジーニョがニックネーム。

2002年にブラジルのアトレチコ・パラナエンセで、トップ昇格デビュー。

そこで3シーズン、2005年にはウクライナの名門シャフタール・ドネツクへ移籍。

そして2013年にマンチェスターシティへ、グァルディオラ監督よりも一足先に。

でも今の感じで活躍し始めたのは、グァルディオラ監督の影響が大きいんだって。

ブラジル代表でも主力選手として活躍中、攻守に貢献できる選手ってどこへ行っても活躍の場ありです^^

~Wikipedia「フェルナンド・ルイス・ローザ」~

#WE2019

守備はうまいし中盤からパス捌きも素晴らしい、グァルディオラ体制のもと、より安定したプレーができるようになったフェルナンジーニョ動画。

~Youtube「Fernandinho Manchester で検索」~

 

指揮官と相性が良くて変わった選手って過去にたくさんいると思う、仕事でも上司と合うかどうかってマジで死活問題。

我慢するのも仕事、、でもガチで合わないなーと思ったら異動願いを出す、あるいは思い切って転職、とかまた何の話をしてるんだと^^;