【ウイイレ2019】ガリー・メデル|能力値/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【ガットゥーゾの再来!】

By | 6月 2, 2019

トルコのベシクタシュ所属、香川真司選手とはチームメイトのガリー・メデル選手。

31歳ってそろそろベテランって呼ばれる年かなーと、年的には香川選手より1つ先輩みたいッス。

チリ代表では中心選手として活躍中、チリの守備の要といえばメデル選手。

ビダルとメデルって名前も似てるけど、プレースタイルとかもなんか似てる気がする、この二人擁するチリ代表の中盤はヤバい^^;


ガリー・メデルの基本情報

所属リーグ STSリーグ(トルコリーグ)
所属クラブ ベシクタシュ
地域大陸 北中米南米
国籍 チリ
背番号
年齢 31歳
身長 171cm
体重 71kg

 

ガリー・メデルの能力値

ディフェンスが良くてスピードもまぁまぁ高くて、ボディコントロールとスタミナも。

#WE2019

強い系CMF、あるいはサイドバックの選手という感じ、僕の中では^^;

ポジションDMF総合値82
プレースタイルハードプレス
適性ACMF、DMF、CB
適性BLSB、RSB
身長171利き足右足
オフェンスセンス65ディフェンスセンス84
ボールコントロール79ボール奪取83
ドリブル70キック力76
グラウンダーパス82スピード77
フライパス75瞬発力80
決定力64ボディコントロール87
プレースキック61フィジカルコンタクト80
カーブ61ジャンプ86
ヘディング69スタミナ87
逆足頻度逆足精度
コン安ケガ耐性
スキル低弾道ロブ
マンマーク
インターセプト
キャプテンシー
闘争心

スキルは密かに低弾道ロブ、あと守備系とメンタル強い系で5つ。


スカウトの組合せ

確定スカウトたくさん見つかったメデル、レアゴールドなんで☆4でOK。

Scouts(DP5)

  • 確定①
    • ベシクタシュ
    • 北中米南米
    • ボディコントロール or スタミナ
  • 確定②
    • ベシクタシュ
    • 30歳以上
    • スタミナ

~PESDB2019「G.MEDEL」~

2枚確定したかったけど見つからずでした^^;

#WE2019

スキル解説

低弾道ロブ

弾道が低く正確なフライパスを出せる。

マンマーク

マーク相手から外されにくくなる。

インターセプト

インターセプトしやすくなる。

キャプテンシー

キャプテンとしてピッチにいることでチーム全体が疲労の影響を受けにくくなる。

闘争心

周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。

 

ポジション適性とプレースタイル

基本ポジションはDMF

適性AはCMF、DMF、そしてCB、CMFももちろん大丈夫、CBはちょっと高さが。。

適性BのLSBとRSB、サイドバックでもかなり強そうなメデル2019。


ハードプレス

まさしくCMFとDMF、CBで有効になる、ボールを持った相手選手にプレッシャーかけるプレースタイル。

またの名を一人ゲーゲンプレス、って言い切ってしまっていいのかどうなのか、ちょっと意味合い違うんかもしれないと最近思い始めてきた^^;


ガリー・メデル選手

チリのウニベルシダ・カトリカで2005年にユースからトップ昇格デビュー。

2007年にFIFA U-20 ワールドカップでチリ代表の中心選手として、3位の好成績に貢献。

そして2009年に、アルゼンチンのトップクラブチームなボカ・ジュニオルスへ、南米ベスイレにも選ばれたんだって。

2011年からヨーロッパ挑戦、スペインのセビージャへ移籍、2013年ウェールズのカーディフへ。

インテルにいたころが有名でしたよねー、2014年からで、ここでセンターバックのポジションも経験する。

そして2017年に今いるトルコのベシクタシュへ、ワールドカップでもCBとして出てたんですね、Wikipedia読んで知りました^^;

~Wikipedia「ガリー・メデル」~

#WE2019

まるで闘争心の塊みたいな、テクニカルにサラッとボール奪取する気とかぜんぜんないって言ったら怒られそうやけど、衝突とか一切恐れてない感じ、、すごすぎ^^;

~Youtube「Gary Medel で検索」~

 

身長171cmでCBってコパ・アメリカの大会の中で一番小さいのかもしれない、というかビッグクラブでってあんまり聞いたことない。

チリ代表どこまで勝ち残るかなー、、というか日本代表との試合がまず楽しみな感じ、日本が勝ったらすごいッスね^^