[サッカー]フォーメーションを解説!単なる数字遊びじゃない奥深さ

By | 6月 9, 2020

今回はサッカーのフォーメーションについて、記事を書いてみたいと思います。

フォーメーションにはいろんな種類があり、流行り廃りもあって、試合中にも目まぐるしく変化して面白い。

前半負けてたけど後半に入ってフォーメーションや選手の配置を変更したことで展開が変わって逆転勝ち、なんていう例は日常茶飯事。

そんな興味深いフォーメーションについて、僕なりの見かたを解説していきます。


フォーメーションを比べてみる

解説の前に、百聞は一見に如かずということわざもあります。

実際に攻守のフォーメーションを並べてみるとわかりやすいかと思い、フォーメーションの相性チェックツールなるものを作成してみました。

このサイトをスクロールして下の方に「フォメの相性チェック」ツールがあります。

上下にコンボボックスを配置していて、そこからピッチに配置するフォーメーションを選択できます。

攻守で設定することで、フォーメーション同士の相性もなんとなく見ることができるので、色々変えて遊んでみてください。

自分で作っておきながら言うのもなんですが、これがいわゆるフォーメーションを使った「数字遊び」。

実際見るべきものはもっとあるんやでってことを、これから解説していきたいと思います。

フォーメーションの表記

みんな知ってることとは思いつつ、フォーメーションの表記についてまず説明しておきます。

サッカーのフォーメーションは試合中の選手の配置を数字で表すもので、戦術上基本となる要素のひとつです。

フォーメーションの表記は、ディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードと各ポジションに割かれる人数を並べます。

  • 4-3-3
  • 4-4-2
  • 3-5-2

4-3-3でいうと、4がディフェンダーで真ん中の3がミッドフィルダー、右端の3がフォワードとなります。

ミッドフィルダーのところを2列にした表記も、一般的に使われています。

  • 4-2-1-3
  • 4-2-2-2
  • 3-3-2-2

少し前にはフォワードも2列表記にしていた時期もあった気がするんですが、最近ではあまり使われていないですね。。

キーパーもフィールドプレーヤーとして重要な役割を担いつつある昨今、フォーメーションの表記に加えるべきという意見もあるようです。

でもキーパーはフォーメーション表記に加えないのが、まだ一般的ですよね。


サッカーで最重要な守備

球技のスポーツに限らず、1試合あたりの得点数がこれほど少ない競技を僕は他に知らないです。

得点するのが難しいスポーツなので、守備が脆い(≒失点が多い)と単純に考えて負けてしまう確率が高くなってしまうだろうなぁというのは想像がつきます。

それくらい守備が重視されるスポーツやから、フォーメーションの表記もディフェンダーの枚数(人数)が基準になっているわけですね、たぶん。

近代サッカーでは、ディフェンダーが3人の3バック、4人の4バックが主流で、5バックもしばしば見られるといった感じですね。

2バックや6バックも、試合の展開の中で言うと割と頻繁に見られます。

そしてディフェンスの枚数が多ければそれだけ守備的なのかというと一概にそうでもなくて、3バックは基本的に守備的なフォーメーションやったりします。

サイドバックが攻め上がるか、守りに徹するか、4バックでもずっと4バックじゃないんやでいうようなことは、試合の解説とかでもたまに言われてますよね。

試合中に変化する選手の配置

たとえばリヴァプールでいう4-3-3のフォーメーションって、一体なんやろうって考えてみます。

あれは試合開始時の布陣、基本フォーメーションのことで、各選手の適性ポジションに合わせて便宜上、ディフェンスが4枚、中盤が3枚とトップが3枚という風にしている感じですね。

試合中、攻撃時には、サイドバックのロバートソンとアーノルドが攻め上がって、アンカーのファビーニョは後ろに下がったり下がらなかったりする。

そうすることで3-4-3とか2-4-4とか、あるいはフィルミーノが下がってきたりでもう原型を留めてない感じの状態になる^^;

引いて守るときにはどうかっていうと、アーノルドとロバートソンが下がってきて、ウイングのマネとかサラーも下がって4-4-2か4-5-1みたいな形になる。

ファビーニョか他の中盤の選手がディフェンスラインに入って、5-4-1の形になることもあると思います。

リヴァプールが4-3-3の状況というのは、基本形なのでやっぱり最も頻繁に見られる形ではあると思いますが、そう長い時間そのままの状態では維持されない。

マンチェスターシティとか見てても、状況に応じて様々な形に変化すること、それも意図を持って的確に変えていけるチームが、フォーメーションに関して言うと強いチームなんだろうなぁと思います。

どんなんが的確なのかって言われたら、サッパリわからへんけども、、^^;

 

基本フォーメーションももちろん重要なんですが、攻める時と守る時、また状況に応じてフォーメーションが変わってるんやということに注目して見ると、サッカーの観戦のしかたも変わってきます。

なんでそこで守備もう一枚残さないんだ!とかそういう野次を飛ばせるようになる、まだの方は楽しいので試してみてください^^