【ウイイレ2020】クロップ=ツァイツラー監督で選手配置のポイント【戦術の話】

By | 4月 4, 2020

今作最強とうたわれるツァイツラーことクロップ監督、3CFバージョン。

何が強いって、やっぱ前線3人の選手に放り込んでおけば3人で点とっちゃうところでしょうか。

個人的には使いづらい監督、、どっちかっていうと上級者向けの監督やと僕は思います。。

でも何も考えずにとりあえず前に出しとけばいいっていう、ストレスフリーな感じがいいと思います^^;


クロップ監督で選手配置のポイント

あんまし勝てなかったんで何試合かしかやってないですが、アプリレート1000の僕が思うクロップ監督の選手配置。

  • 得点力とバランスも重視した3トップ
  • 守備に専念する4バックとアンカー
  • 中盤CMF2枚の攻守貢献も重要

#WE2020

クロップ監督で選手配置の解説

得点力とバランスも重視した3トップ

いたってシンプルに3人で点が取れる選手を前に置きましょうと、どの選手でも点が取れるように。

パスもつなげる、相手も背負えるみたいな選手やと最高ですね。

もういまの時期、何人もそういう選手揃えてる人多いんじゃなかろーかと。

抜け出してフラスルあり、スペースにスルーもあり、背負ってドーンももちろんありという感じで、3人真ん中に寄ると多彩な攻撃を展開できることと思われます。

  • ロナウド、ルンメニゲ、オーバメヤングなど



守備に専念する4バックとアンカー

前が少ない人数で攻めることができるんで、ディフェンスの選手は守備に専念できると。

結果としてカウンターにも強い、強固な守備を形成できるわけですな、僕はそうならなかったけど、、^^;

フォアチェックでラインの高さもちょっと高いくらいなんで、守りやすいかって言われたらそうでもない。

その辺りが腕の見せ所ですね、取られても取り返せばいいやって発想も3CFクロップならアリやと思われます。

  • CB:ファンダイク、ヴァラン、クリバリ、マノラスなど
  • アンカー:バリオス、ロドリ、カゼミーロなど



中盤CMF2枚の攻守貢献も重要

前線へのつなぎの役割ももちろん重要で、ディフェンダーからのパスを素早く前に送れる機敏さとパス精度がほしいですね。

3CFだけで攻めきれないときもあって、そういうとき地味に効いてくるのが2枚のCMF。

それでサイドに流れてもらってサイド攻撃に切り替えとか、2列めからミドル狙ってもらったりとか。

ディフェンスとしての役割ももちろん重要、何気に休むヒマがない2CMF、スタミナもないと困りそうですね^^;



対3CFの守備も4CBで対応する話

あくまで僕の場合なんですが、もう考えるのめんどくさいんで4CBで守ってます^^;

サイドのCBが余りがちなんで、サイドのCBにカーソルあてて真ん中にもってきて3対3みたいな。

それでもやっぱりうまい人には点取られるけど、何もしないよりはそれくらいした方が失点は防げる感じ。

あとマンマークつけるっていう人もいましたね、、それはやってみたけどあんまりうまくいきませんでした。

#WE2020

まとめ

攻撃力最強と思しきクロップ監督の回、次はもうちょっとマイナーな監督でやってみようかなと。

  • 得点力とバランスも重視した3トップ
  • 守備に専念する4バックとアンカー
  • 中盤CMF2枚の攻守貢献も重要

3CFクロップ監督とれなかった人は、フェルナンドサントス監督とかシメオネ監督でも同じようなことはできるんで、まだの人はチャレンジしてみてください^^;