犬と戯れる方法10選 ~ エンドレスに遊びまくれ!

By | 6月 16, 2020

犬を飼ったら一緒に遊びたい、戯れたい、ということで、犬と戯れる方法。

体力尽きるまでエンドレスに遊びたがる彼ら彼女らと、どう戯れたら良いのか。

一個だけとかじゃすぐ飽きるということで、色々考えてみました。

いつもやってるやつからまだやったことないやつまで、想像とかも交えつつ^^;


犬と戯れる方法10選

10個じゃなんかまだ足りない気もしつつの犬と戯れるリスト、あるあるリストになっちゃいましたね、、^^;

  • なでてあげる
  • ぬいぐるみとかを投げてあげる
  • おすわりを教える
  • お手おかわりを教える
  • クッションで挟んであげる
  • ネコじゃらしみたいなおもちゃ
  • 河川敷で追いかけられる
  • フリスビーを投げてあげる
  • ほねっこを与える
  • 行動範囲を広げてあげる

犬と戯れる解説

なでてあげる

スキンシップが、実は犬的にも一番喜んでいるのかもしれない。

犬から向かってくるときはなるべく放置して、大人しくできたらなでてあげる。

そういった緩急も必要ですね、しばらくしたらぐでんと伸びて寝てたりします^^;



ぬいぐるみとかを投げてあげる

何回やってもテンションアゲアゲになるのが、ぬいぐるみを投げてあげる遊び。

ぬいぐるみ二つ以上がオススメ、ひとつやと持ったまま話さなくなるので。

うちのゴードン君は最初からぬいぐるみ投げたら持って帰ってくる能力を持ち合わせていたけど、そこから教えないといけない場合もあるかもですね^^;

おすわりを教える

意外と根気が必要なおすわり、おすわりできるまでおすわりって言い続けるやつ。

おすわりできたらおいしいおやつとか与える、その繰り返し。

できるようになったら、半自動的にやるようになるみたいですね^^;



お手おかわりを教える

おすわりよりもさらに根気がいるのがお手とおかわり、教える要領はお手おすわりと同じ感じで。

さらに発展型のステイとかホームとか、、どっかで聞いたことあるやつやな^^;

まぁ深く考えずにいこう、色々こっちが言うことを聞いてくれるようになったら楽しいです。

クッションで挟んであげる

これもたまにやるとテンション上がって、「ワウワウ」とか言って喜んでる。

そうこうしてるうちにクッションに噛み付いて、「ガルルル」とか言いだす。

これは本能的に獲物をとらえた感じになって、興奮してるってことみたいですね、怒ってるわけではないみたいです^^;



ネコじゃらしみたいなおもちゃ

Amazonとかで売ってる、釣り竿の先に丸いボールのぬいぐるみがついてるおもちゃ。

遊び始めると、こっちが疲れるまでボールを追いかけ続けます^^;

噛み付いて離さなかったりすると、割とすぐボールとれちゃうので、縫い付けるスキルも必要ですね。

河川敷で追いかけられる

家の中だけじゃ飽き足らない、ということで河川敷へ出かけて追いかけっこする。

追いかけるのは常に犬の方、僕はダッシュで逃げる役目です。

これも疲れるまでエンドレスに追いかけてくる、あと他に散歩してる人とかいたらやめといた方がいいですね^^;



フリスビーを投げてあげる

これも他に散歩してる犬とか自動車、自転車がいないところでやる遊び。

犬用の公園とかも最近はできてるみたいなんで、そういうとこでやるといいのかもしれない(まだ行ったことない)。

フリスビーキャッチできるようになったら、そういう競技大会とかにも出れるようになるのかもしれないってちょっと楽しみやったりします。

ほねっこを与える

与えてから数分間は犬の動きを止めることができるほねっこ、必須系のアイテムですね。

中に何が入っているのか、成分みたらチキンとか色々書いてあるけど、骨とは違って犬が好きなものが入っているんだろうきっと。

人がカニを食べるみたいにモクモクと食べ始めるので、遊び疲れたときなんかに最適^^;



行動範囲を広げてあげる

部屋の中だけでもいいけど、たまに扉全開放して行動範囲を広げてあげる。

そしたら興味津々で探検を始めます、たまにどっか行って帰ってこないときもあったり。

おしっことかしないクセがついてからがいいですね、ゲリラ的におしっこされたら掃除するの大変^^;



ストレスサインは要チェック

ゲージの中でキャンキャンと鳴いたり、自分の尻尾を追いかけたりするのはストレスサインなこともあるらしい。

遊び不足ということですね、、でも忙しくてなかなかかまってあげられないときもしばしば。

そういうときは、外に出して自由にしてあげるだけでもかなり違うみたいですね。

やっぱり犬はもともと野生の本能を持ってるものなので、自然体が一番ってことですね。

まとめ

そんなわけで、犬と戯れる方法についてまとめてみました、フリスビーはまだやったことないです。

  • なでてあげる
  • ぬいぐるみとかを投げてあげる
  • おすわりを教える
  • お手おかわりを教える
  • クッションで挟んであげる
  • ネコじゃらしみたいなおもちゃ
  • 河川敷で追いかけられる
  • フリスビーを投げてあげる
  • ほねっこを与える
  • 行動範囲を広げてあげる

散歩だけでも運動にはなるけど、なるべくリードを引っ張られない方がいいみたいですね、自然体が一番。