【ウイイレ2020】ストーレ・ソルバッケン監督で選手配置のポイント【戦術の話】

By | 6月 17, 2020

コペンハーゲンでスキンヘッドのソルバッケン監督、日本を意識してるのかどうなのか^^;

フォメは4-2-2-2しか見たことないけど、これからライブアプデ復活したりで新しいタイプも出てくるのかもしれない。

特徴としては、カウンターショートでサポート距離長め、リトリートでライン高くてコンパクトネスもMAX。

かなり攻撃的でありながらも、リトリートできっちり引いて守ることもできる、かなり有能監督やと思います。


ソルバッケンで選手配置のポイント

ライン高めでリトリート、攻守に威力発揮するソルバッケン監督の選手配置のポイント。

  • 2トップは万能型CF
  • サイドMFはクロスと守備
  • センターMFはバランス型とアンカー
  • フィジカル4CB

#WE2020

ソルバッケン監督で選手配置の解説

2トップは万能型CF

中央からの攻めとサイドアタックにも配慮したい、フォワードは決定力あって高さもあるタイプ。

オフェンスセンスも重要なポイントですね、ゴール前いかにフリーになるかも大事なとこです。

スピードもあるに越したことないけど、僕はそこまでなくてもいいと思う、それは僕がクロス主体やからか。

中央攻めを主体にしたい人は、高さよりもスピード重視がいいと思います。

  • サイド主体の場合:ロナウド、アドリアーノなど
  • 中央主体の場合:ムバッペ、ルンメニゲなど



サイドMFはクロスと守備

サイドでウイングの選手の主な仕事は、正確なクロスをあげることと、中盤なんで守備も大切。

トップに2枚いるんでシュート狙うチャンスっていうのはそんなに多くないイメージ、でも決定力もあるに越したことはない。

あとスピードですね、ゴール前まで切れ込んでクロス狙えると、得点率の大幅アップ期待できます。

中盤でボール奪取してカウンターとかも強力なんで、守備力も優先度高めに考えておきたい。

  • モドリッチ、キミッヒ、アラバ、ロバートソンなど



センターMFはバランス型とアンカー

一人は攻守に貢献できて、もう一人はアンカーとして守備に残す感じ。

攻守に活躍するタイプは、スキルにスルーパスとかワンタッチパスがあったほうがいいですね。

アンカーはとにかく守備、フィジカル強めでディフェンスセンスとボール奪取が高い系の選手。

試合によって左右入れ替えたりしても面白いかもしれない、相手の配置を見てスペースができそうなところにバランス型を置くといいと思います。

  • CMF:カンテ、サウール、ビダルなど
  • DMF:ブスケツ、カンテ、カゼミーロなど



フィジカル4CB

守備はどの監督でも、とにかくフィジカル4CBをオススメしてます。

カウンターに強いのが一番のメリットですね、あとフィジカルないと相手フォワードに吹っ飛ばされる^^;

相手チームも強いフォワード選手揃えてくることがほとんどなんで、4人でキッチリ抑えられるようにしたい。

相手が中央攻めのこと多いと思うんで、守備の操作でサイドの選手を真ん中に持ってくるとかオススメです。

  • ヴァラン、クリバリ、ファンダイク、ラモスなど



サイドMFをCMFにするといいかも

リアルでは、アトレティコのシメオネ監督とかがそんな感じですけどもね。

サイドで攻守に活躍するタイプがいない場合は、CMFにしてCMFの選手を置くのもひとつの手やと思います。

僕もけっこう好きなやり方です、相手の人がサイドCMFやからってサイドの守備が手薄になったところへサイド攻撃とか。

スピードとかなくても意外とうまく抜け出せたりします、サイドCMFは割とオススメです。

#WE2020

まとめ

そんなわけで、フラット4-4-2が特徴的なソルバッケン監督の選手配置について記事書いてみました。

  • 2トップは万能型CF
  • サイドMFはクロスと守備
  • センターMFはバランス型とアンカー
  • フィジカル4CB

リトリートでライン高くてコンパクトネスも高い、他にないタイプの監督なんで、見つけたら獲得しとくことをオススメします^^