マニフォールドガーデン – MANIFOLD GARDEN –

By | 9月 8, 2022

誰がこんなゲーム思いつくんだっていう、シュールかつ繊細なアート。

アジア系のアメリカ人、ウィリアム・ヒアさんていうアーティストさん。

たまにあるような気もするけど、今までのゲームと違った感じがします。

不思議としか言いようのない世界観、楽しみと怖いが半々という感じです。


マニフォールドガーデン

序盤だけ動画にして、約2年ぶりぐらいにYoutubeにアップしてみました。

百聞は一見に如かず、実際プレーしてみるとよくわかります。

マニフォールドガーデンの概要

マニフォールドガーデンは、2019年の10月に初めてリリースされました。

上下左右前後というか、大きなサイコロの六面体の中にいるようなイメージです。

重力の方向を操作できて、ブロックを鍵にしたりしながらパズルを解いていく系のゲームと思います(説明下手)。

スイッチを押したり、箱をスイッチの上においたりして、扉を開けて進んでいきます。

屋内だけじゃなく屋外もあって、無限の世界観が表現されてる。

詳しい説明がWikipediaに載っていたので、興味がある方は読んでみて下さい。

※Wikipedia「マニフォールドガーデン

 

価格も2,200円とお手ごろでした、PSStoreにて